レクサスミニバンと独立したオフィス(1)

独立したオフィスを持つレクサスミニバン:10,4万ルーブルのコスト

日本のメーカーは、プレミアムモノキャブの申請受付開始を発表しました。 車にはXNUMXつのバリエーションがあります。 どちらにもハイブリッドインストールが装備されます。

レクサスLMは、上海自動車ショー(2019年XNUMX月)で最初に一般公開されました。 おそらく、目新しさのベース市場になるのは中国でしょう。 ここでは、高価なMPVが求められており、モバイルオフィスに変換できます。 

レクサスは、車の先行予約受付開始を発表した。 目新しさは、おそらく2020年XNUMX月に発売されるでしょう。 モノキャブは日本で生産される。 

ノベルティはゼロから作成されるのではなく、トヨタアルファードに基づいて構築されています。 ドナーとの主な違いは、変更されたラジエーターグリル、マトリックスヘッドライト、その他のバンパーです。 テールライトはアルファードと同じですが、LMでは接続されます。 ノベルティの長さは5040mmです。 これはドナーのそれより65mm大きいです。 購入者は、黒と白のXNUMXつのボディカラーオプションから選択できます。 

フロントパネルに変更はありませんでしたが、ミニバンのハンドルは別のものになりました。 サロンは、黒または黒と白の4色で提供されます。 7人乗りミニバンと2人乗りの2バージョンからお選びいただけます。 3シートのバリエーションが注目されています。XNUMX+ XNUMX + XNUMX構成で製造されています。 背中はつながったカウチなので、真ん中の乗客が違和感を覚えるかもしれません。 ヘッドレストの存在は少し節約します。

メーカーが4人乗りモデルに焦点を合わせていることに注意してください。 この席の間にモニターがあり、車の機能を制御できます。 小型冷蔵庫、テレビ、電気調節可能な椅子があります。 

10,4人乗りのバリエーションは購入者に13万ルーブル、XNUMX人乗りの場合はXNUMX万ルーブルの費用がかかります。


» ニュース » 独立したオフィスを持つレクサスミニバン:10,4万ルーブルのコスト

コメントを追加します